ダイエットの極意

こんばんは。田中です。

 

私は現在進行形でダイエットをしておりますが、ダイエットに極意があるとしたら・・・

1)出るカロリー>摂るカロリーにする

2)続けられる運動を見つけ、継続する

3)体重が減らなくてもあきらめない

この3つにつきると思います。

 

お恥ずかしい話、私は一時100kgに達しておりました。さらにお恥ずかしい話、その際に糖尿病や肝機能障害(NASH)を併発してきたのです。

今までに私は6回ほどダイエットに失敗した経歴を持っております。そんな私ですので、今のダイエットが成功すると断言してはいけないのかもしれませんが、今までの失敗から学び、上記の3つが満たせていれば、大丈夫だと確信しています。ちなみに現在はスタート時からー20kgで、開始から1年8か月以上継続できています。もちろん糖尿病や肝障害も劇的に改善しております。

 

具体的に私が取った方法は極めて単純です。食べ過ぎを極力減らして、定期的に運動する。これだけです。特別なサプリメントを飲んだり、炭水化物のカットなども行っておりません。何かだけを食べたり飲んだりしたわけでもなく、もちろん〇イザップに入会したわけでもありません。

もう少し詳しく言いますと、スポーツジムには月3~5回通っています。トレーナーは特につけていません。(トレーナーさんがいればもっと効率が良いのかもしれません)ジムでは、筋力トレーニングと有酸素運動を行います。筋力トレーニングは大胸筋や大腿四頭筋といった大きな筋肉を増やすことを意識し、あとは腹筋運動も行いますが、基本は5つくらいのメニューしかしていません。有酸素運動は、以前は早歩きでしたが、最近はランニングです。プールでもなんでもいいと思います。とにかく頑張りすぎないこと、続けられる程度にすること、モチベーションを切らさないことです。

食事は外食の機会を半分以下に減らし、夜遅くに食べることを極力やめ、野菜はなるべく多く摂るようにして、なるべく腹8分目でやめることを心がけます。なかなか腹8分ができないのですが、できなくても前3者ができていれば私はなんとかなっています。(特に外食を減らすことが私には大きいようです)

 

今まで私が行ったダイエットは、とにかく頑張りすぎて数か月で息切れしてその後続かず(週4~5回運動など)、バネが切れたようになり、リバウンドをして・・・の繰り返しだったのです。今回はとにかくずっと続けられる頻度、ずっと続けられる強度、ずっと続けられる食事の考え方、とずっと続けられることを一番のポイントに考えました。

つまりは、人によって運動の強度や頻度、食事の制限の程度は違ってもいいと思うのです。要はストレスになりすぎない程度の組立てができて、続けることができるかどうかだと思うのです。体重が減るスピードが遅くても、続けていれば必ず成果はあらわれます。体重がなかなか減らなくてもあきらめないことです。自分に合ったやり方さえ見つけることができれば必ずうまくいきます。

長くなってきましたので、今回はこの辺で。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA