機能性ディスペプシア

2013年8月の記事です。

「こんにちは。

前回気象庁のHPで過去の気温のデータを調べましたが、8月の、一日の最低気温の平均をみると、そりゃ暑いわな~と思わざるをえません・・・(^^;)

私が大学に入学した1992年の8月は最低気温の平均が22.7℃。今年は27.5℃となっています。朝でも涼しさを感じないワケですね。

さて、当院には胃痛症状のある方が多く受診されますが、胃カメラなどで検査をしても異常がなく、ピロリ菌という胃に棲みついて胃を荒らす菌もいないのに、胃痛やみぞおち辺りの焼ける感じなどつらい症状が続く、という方が少なくないように思われます。

機能性ディスペプシア」という疾患があります。

・ひどい食後のもたれ
・食後早期の飽満感(すぐにおなか一杯になる)
・心窩部痛(胃痛、みぞおちの痛み)
・心窩部の焼けるような感じ
以上のうち1つ以上の症状があり、胃カメラで大きな異常がなく、症状が約3~6か月以上続く場合(厳密には6か月以上)、機能性ディスペプシアと診断されます。

これは、ストレスも大きく関与していると考えられていて、胃の動きが悪くなったり(排出能の低下)、十二指腸から胃に物が逆流したりといったことで症状が出るとされていますが、全ての症状を説明しきれるものでもなく、不明な点も多い疾患です。

治療は、生活リズムやストレスのコントロールに加え、お薬を必要とする場合が多いです。

しかし、お薬もなかなかスパッと効かないこともあり、その人に合ったお薬を探していく感じになります。

具体的には、消化管蠕動促進剤(蠕動=ぜんどう、胃腸の自律的な動き)、制酸剤(酸を抑える薬)、漢方薬、ピロリ菌除菌、不安を抑えるお薬、などを組み合わせていきます。」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA