色素内視鏡

2013年9月の記事です。

「こんばんは、田中です。

当院で胃カメラ検査を行う際、まず、ピロリ菌という菌がすみついていそうかどうかをみます。

ピロリ菌がいそうであれば、胃がんの下地となる部分が存在している可能性があります。

早期の胃がんや小さな胃がんを探すときに、色素を胃の中にまき、胃の中のデコボコをわかりやすくするという方法があります。

インジゴカルミンという青い色素を胃の中に散布して、胃がんの下地となる部分の中に、早期の胃がんや小さな胃がんがないかを探すのです。

当院でもこの方法を行っておりまして、胃がんを見逃さないように努めております。

この方法の欠点は、検査時間が延びることで、およそ3分ほど検査が長くなってしまいます。

理由は、色素散布の前に胃の中を水でよく洗い、その水を吸い出してから色素をまくのですが、経鼻内視鏡だと、水を吸い出すのに時間がかかってしまうためです。

よって、検査がつらそうである場合には行っていない場合もありますが、ピロリ菌がいるとわかった場合には、ほとんどのケースでこの方法を行っています。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA