電子カルテ

2012年8月の記事です。

「近年、診療所・病院など医療機関では、電子カルテというコンピュータのカルテが導入されています。
紙のカルテと違い、保管するスペースが格段に少なくて済みますし、会計が早くなるというのが大きな利点だといえます。
しかし、その半面でデメリットもないわけではありません。

最大の欠点は、患者さんとお話ししながらカルテ記録するのは難しく、記録を優先すると患者さんとまともにお話できなくなりますし、お話しすることを優先すれば、記録が遅れ、患者さんをお待たせすることになるのです。
ブラインドタッチができる先生は、患者さんとお話ししながら、カルテの打ち込みも並行してできるのですが、そのような先生はめったにおられず、私もできません。

当院の現状としては、患者さんとのお話を優先しておりますので、記録が遅れる傾向にあります。
ただ、現在はまだ患者さんが少ない状況ですので、大きな問題はおこっておりませんが。。。(汗)」

3年たった今はどうでしょうか?私のタイピングスピードは若干速くなったかもしれませんが、基本スタイルは変えずに、患者さんとのお話を優先したいと思っております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA